北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

旧上モベツ駅逓所 国登録有形文化財

かつて開拓使により北海道開拓のため重要な道路に駅逓所が設置され、そのなかで東洋一と言われた鴻之舞金山の開発に伴って上藻別にも駅逓が設置されました。上藻別で復元された旧上藻別駅逓所は紋別市中心街から南約23kmの上藻別にあります。旧上藻別駅逓所は大正15年に官設駅逓所として開駅、昭和9年に増築されている。初代駅逓取扱人は高地登氏。入母屋造鉄板葺平屋建(鉄板葺は後の事で最初は柾葺き)の本館と寄棟造鉄板葺2階建の増築部からなり、外壁は下見板張で、二回窓には装飾的な額縁が取り付けられ、内部は中廊下式で客室を配置、紋別地方に現存する駅逓家屋(一般開放している施設)で、戦前の北海道独特の様式を残す代表的な古建築物。上藻別駅逓は昭和15年、駅逓業務廃止の後は昭和24年まで高地旅館として営業した後住宅として使用された。その後上藻別駅逓保存会の手により修復され、現在は開拓資料や鴻之舞鉱山資料などを展示公開、当時の鴻之舞を知る上では大変貴重な存在。展示スペースは駅逓本館内と別棟の他、三塔のサイロを使用した展示スペースを確保。鴻之舞鉱山坑道で使用された機動トロッコなども屋外展示(屋根有り)してあり貴重。展示物に関しては他の駅逓施設とは比較にならないほど充実している。
◇所在地:紋別市上藻別 上藻別駅逓保存会
◇TEL:0158-26-5110
◇GPS:N44°11’17.1” E143°20’093”
その他の駅逓に関しては公式サイトの駅逓所特集をご覧ください。

留辺蘂町開拓資料館〜旧武華駅逓

大正9年、官設駅逓として開駅、取扱人は佐野準一郎氏。昭和11年廃止、建物は佐野氏に無償譲渡され住居として使用されていた。昭和45年、佐野氏の子息が住宅新築を機に留辺蘂町に寄附。留辺蘂町は駅逓開設時の様子を復元、開拓史料も展示し、開拓資料館として開放。武華駅逓は国道39号線沿い、温根湯温泉の西8km、国道を挟んで滝の湯温泉が220mと至近距離にある。◆入館希望者は前日までに留辺蘂教育事務所=0157-42-2723=にご連絡を。急な入館希望の場合は向かいの「工房駅逓」か、資料館奥の小泉さんにお声かけください。
◇設置年:大正09年01月 廃駅年:昭和11年11月
◇初代取扱人:佐野準一郎
◇昭和59年解体修復
◇開館日:金曜日・土曜日
◇開館時間:9〜17時 ◇閲覧料 無料
◇現住所:北見市留辺蘂町滝の湯
◇GPS:N43°43’54.0” E143°25’28.3”

奥行臼駅逓所・国指定史跡

奧臼行駅逓

奥行は根釧原野の中でも歴史が古く、別当賀・厚床方面と別海の中間にあり上風連方面への分岐点で交通の要衝でもあった。奥行駅逓所は別海町に設けられた9ヶ所の駅逓所のなかで唯一現存する建物で当地草分けの山崎藤太郎(山崎藤次郎)氏を取扱人として明治43年に開駅され、別海町では別海駅逓所、遠太駅逓所、春別駅逓所に次いで4番目の駅逓、交通網の整備が進んだ昭和5年に廃駅となっている。駅逓舎は大正期に増築され、一部2階建てという駅逓制度最盛期の姿を伝え、駅逓で使用されていた調度品や文書、厩舎や道路跡も残り、周辺環境も当時の状態保存が良好で国指定史跡となった。また隣接して樹齢500年というミズナラの巨木がある。
◇開館:五月から10月・休館日:第1と3月曜日・期間中管理人常駐 ※旧奥行臼駅逓所は平成27年より一般開放を中止して解体修復工事を開始、平成31年より一般開放再開予定とのこと。◇別海町別海奥行15-12
◇所在地:別海町奥行臼15-12

美幌博物館

美幌博物館2つの施設がある様に思うかもしれませんが、同じ建物で展示スペースが区分されているだけです。博物館では年一回の特別展と年5回ほどの企画展を精力的に継続して施行している魅力的な博物館です。2010年は「美幌川に暮らす魚たち」でした。管理人の注目したのは2007年の特別展(北海道を探検した男 松浦武四郎)で制作された松浦武四郎の踏査行を再現した学芸員さんの手作りという10個のミニジオラマ。今は別な特別展なので目立たない所においてありましたが武四郎ファンは必見かも。第19回特別展図録「北海道を探検した男 松浦武四郎〜未知への憧れ・挑戦」を販売しています。美幌農業館の方は農業資料や情報資料展示だけ。◇休館:毎週月曜日・国民の祝日の翌日◇美幌町字みどり253番地の4 TEL:0152-72-2160

北方四島交流センター ニ・ホ・ロ

北方四島交流センター ;ニ・ホ・ロ北方四島の領土問題に関する話題の提供と世論の喚起、北方四島(歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島)に居住するロシア連邦国民との交流を図る北海道立施設です。一般展示室の他に文化ルーム、展望室、北方資料室がある。幕末の探検家の資料も揃っているが、中でも松浦武四郎のコーナーが充実している。ただ北方領土返還運動の各種資料を見ていて疑問なのは先住民族に関する内容が欠落していること。かつてはこの島の先住民であり、領土を決めるとき千島はアイヌ語の地名であるから日本の領土であるとしたはず。極論すれば返還を求める正当な資格があるのはアイヌだけ、そのアイヌが返還運動に加わっていないのは片手落ちなのでは?◇根室市穂香110-9 TEL:0152-23-6713

旧国鉄広尾線鉄道資料館 旧忠類駅

旧忠類駅昭和62年廃止となった国鉄広尾線「忠類駅」の木造駅舎がほぼ完全な形で保存され駅舎内は鉄道資料館となっている。交通公園は忠類駅跡にあった線路と踏切を残して撤去された。元々は駅舎なども撤去予定だったというが保存の声に応えて今の姿に落ち着いたとのこと。◇幕別町忠類幸町511番地4

日露友好記念館

日露友好記念館この記念館は、インディギルカ号遭難者慰霊碑が設立された翌年の昭和47年に建設されました。記念館の中には、大惨事となったインディギルカ号遭難時の貴重な資料やロシアの民芸品が展示されている。一度は見ておきたいね。◇猿払村 道の駅さるふつ公園

旭川兵村記念館

旭川兵村記念館旭川神社が境内旧社殿に屯田兵をはじめ一般開拓の資料を展示していたが財団を設立し旭川兵村記念館を開館した北海道で数少ない法人立の博物館。神社での展示物の他、旭川屯田兵に関する資料は、旭川市東旭川の「旭川市兵村記念館」に集められている。明治25年に旭川兵村に入地した屯田兵とその家族400戸が、北方防衛と開拓に果たした歴史と暮らしが判ります。旭川を開拓した屯田兵の歴史を除けば東旭川の郷土資料館ともいえる。◇公開期間 4月29日〜10月19日 ◇旭川市東旭川 TEL:0166-36-2323

上士幌町鉄道資料館

上士幌町鉄道資料館士幌線が廃線となった1988年に旧国鉄士幌線の駅舎跡地に設けられた資料館。往時の貴重な写真や時刻表、作業具、タブレットに信号機等を展示していて開拓当時の鉄道にかけた夢や北の鉄路を守った人々の汗と苦労が偲ばれる。資料館では橋までの道順や撮影スポットなどに詳しい。月曜、祝日休館(12月〜3月閉館)◇上士幌町字糠平 TEL:01564-4-2041

養蚕民家(旧松浦家住宅)

養蚕民家東旭川町には野生の桑が多く生育し養蚕に適した様で明治31年に養蚕が盛んであった福島県大田村周辺から団体入植が行われ、この地で副業として大きく発展。この建物は現存唯一のもので明治31年にこの地に入植した福島団体の一員が明治42年に郷里の福島地方の養蚕民家を模して建てたもので茅葺きの屋根は「片あずま」と呼ばれる大胆なデザインで、寄棟屋根の一部を切り落とし、そこに開口部を設けています。現在では道内はもちろん郷里福島にも見られない程の原型を保ち上川開拓にかかわる貴重な資料。平成2年度に解体,平成3年度に復元修復を行った、旭川市指定文化財です。◇旭川市東旭川瑞穂 ◇駐車は10台前後可能 ◇開設期間 4月28日〜10月31日となっているが外観を見るだけなら通年可能 
| 1/4PAGES | next>>

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
qrcode