北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

野付半島の原生花園

野付半島の原生花園

原生花園は其の殆どが別海町側に有り、よく知られているのはネイチャーセンターとトドワラを繋ぐ遊歩道で花馬車の道が平行して続いている遊歩道。誰でも容易に行けるのはフラワー国道の行き止まり付近に広がる竜神崎原生花園。野付岬灯台の少し手前に広い駐車場があり、その先は車両通行止めで歩く事に、駐車場周辺が原生花園となっているのでお手軽ではあるが、灯台までというのがお勧め。。花のハイシーズンは6月末から8月初旬頃でが無難のは7月中旬。ハマナス、センダイハギ、エゾカンゾウ、ノハナショウブなど色鮮やかな花々が咲き一面を埋め尽くす。駐車場周辺からロングコースは二コース有るが、楽なのは途中までマウンテンバイクが使用できるアラハマワンドに向かうコース。このコースは通行屋遺跡に向かう道が途中に有ります。もう一つのルートは通称野付半島の「一本松」と呼ばれた所に向かうコースでこちらは不明瞭なコースを片道5km程歩く事になるが肝心の一本松(実際は楢の木)が台風で倒れて目印がなくなった。漁師さんには「あそこは一本松という地名」と一蹴されたが・・そういう事なら「一本松原生花園」としておく事にしよう。どちらも草が深くなってからは大変かも。虫除け必須です。写真は六月中旬に駐車場周辺でのクロユリ

トイトッキ浜野生植物群落

トイトッキ浜浦幌町の浦幌十勝川河口と十勝川河口間の浦幌町側(内陸)には豊北原生花園、豊頃町(海岸際)にはトイトッキ原生花園という二つの原生花園が存在する。二つの原生花園は標高5から6mの砂丘に広がる喬木のない草原で高山植物と多くの他に海浜植物が自然の保たれた状態で群落を作り生育している。特にトイトッキの草原群落はガンコーラン、コケモモなどの高山植物が多く、群落の自然状態も極めて良い。ヤナギランの群落など他では殆ど見られない種類もあり、北海道の天然記念物に指定。案内板は国道に一カ所と現地に一カ所しかなく、浦幌町から入る方が迷わずに行けそうです。海岸線沿いに広がるトイトッキ浜の入口には原生花園の小さな看板があり、木柵のゲートで車は決められた道しか進めない。花の種類は少なめだが絨毯のように敷き詰められたガンコウランの上に密生して咲く花の多さには他では見られない。◇豊頃町トイトッキ

アヤメが原

アヤメが原太平洋に面した「チンベの鼻」一帯に広がっている30万株とも言われるヒオウギアヤメの大群生地で、見頃は6月下旬から7月上旬。約100haの広い原野を一面紫色に染め、霧の織りなす幻想的な世界が体験できるかも。同時期に『あやめ祭り』が開催される。あやめヶ原には馬が放牧され、アヤメ以外の雑草を食べる事でアヤメの成長を助けるという共存の関係も特徴のひとつ。入場すると遊歩道に木の柵があって、所々手動で開けるゲートがあり、安全のため馬と人間との境界を設けている。遊歩道を歩いて行くとチンベの岬に行く事ができます。岬には展望台が四ヶ所あり大黒島を始め海岸線を遠く望むことができますがアヤメの季節は霧がかかっていることが多く過剰な期待はしない事。天候の安定した秋が展望には向いているようで、秋にも訪れて見てください。◇厚岸町

野付原生花園

野付原生花園野付半島を縦断するフラワーロードは以前はドライブインで通行止めになっていましたが今は竜神崎手前まで舗装道路が整備されたいへん行きやすくなりました。そこには岬へと続く原生花園が有るだけなのですが。行き止まりの竜神崎より先は歩いて行く事になります。竜神崎より野付岬よりのアラハマワンドにかけてが花の種類も数も多いようですが、どこまで行っても同じような景観が続きます。マウンテンバイクが有れば 便利かもしれません。シーズンは6月から9月頃まででハマナス、センダイハギ、エゾカンゾウ、ノハナショウブなど色鮮やかな花々が一面を埋め尽くす原生花園になっています。◇別海町

メグマ沼自然公園 メグマ原生花園

メグマ原生花園メグマ沼は、稚内空港にほど近い所にある円い形の海跡湖です。昔からこのメグマ沼周辺は、地元の人たちが“主の住む沼”と呼び、湿原で近づくものもなく、保存状態が極めてよい沼。沼周辺77.5haの湿原は、中高層湿原に属し、エゾノリュウキンカ、エゾカンゾウ、ミズバショウ、ノハナショウブなど200種を越える植物が確認されていて、5月から8月下旬にかけ可憐な草花が沼周辺に咲き誇る。その上、70種以上の野鳥が飛来するこの沼は、湿性植物観賞や、バードウォッチングに最適です。この貴重な自然を保護するためと、メグマ沼の湿原全容を観察できるようにする目的で、3.5kmの散策用遊歩道(木道)が設けられていましたが、木道の一部が欠損し北側には行けません。近年白鳥の飛来が確認されたり、いままではサロベツにしか生息されていないとされていた“コモチカナヘビ”が発見されています。◇稚内市

金浦原生花園

金浦原生花園固有植物が数多く植生し、5月から6月にかけてエゾカンゾウの花で黄一色の天然のお花畑となる。国道を走っているとシーズン中は見逃すことはないでしょう。空気が澄んでいれば、お花畑を前景に日本海に浮かぶ利尻島が望め、感動もの。金浦原生花園にはパーキングと木道が整備されている。◇遠別町

北方原生花園

北方原生花園根室半島のオホーツク海側にある、広さ約75ha原生花園です。 此処には、ヒオウギアヤメをはじめ、オレンジ色のエゾカンゾウ、黄色のトウゲブキなど、約100種類の花々が、初夏から秋にかけて咲きます。花の種類や咲く期間の長いことが特徴でしょう。強い北風にうたれて曲がりながら育つミズナラの風衝林には、樹齢100年以上に成る見事なミズナラ葉見応えがあります。木道が整備されているので散歩ができますがポニーなどが放牧されているので近寄らないように。道路を挟んで海側には放牧していないので心配な方はそちらの方へ。◇根室市

エサヌカ原生花園

エサヌカ原生花園浜猿払から浜頓別近くまで海岸草原に広が原生花園。植物相は湿性植物は少ない事を除けばほぼ浜頓別ベニア原生花園と同じ構成だが、ツツジやハマナスがやや多くなる様だ。エサヌカ原生花園の最大のポイントは舗装された車道が原生花園内を貫通していること。車窓から一帯に広がるイソツツジの花とオホーツク海が眺められる。北海道弘といえどもこんな所は数少ない。自転車ではアップダウンが少ないのが嬉しい。アプローチは浜猿払からと湿性植物群落からのルートがある。◇猿払村

シブノツナイ原生花園

シブノツナイ原生花園カサギ釣りのシーズンを除けばあまり人の姿を見ることのないシプノツナイ湖に面した静かな原生花園。国道238号線からシブノツナイ遺跡表示にそって入っていくとシブノツナイ湖の湖岸とオホーツク海に挟まれた砂地に、この辺では少ないカワラナデシコが群生しています。薄いピンクの花がかわいいです。湖岸にはアヤメの群生地があり、紫色のヒオウギアヤメが咲いていますが雨の少ない年はお勧めできませんが。殆ど訪れる人もなく静かな原生花園ですが花の種類は少なめ。◇湧別町

オムサロ原生花園

オムサロ原生花園オムサロ原生花園は紋別市街の北西約10キロ、渚滑川を挟んで砂丘地帯に約1キロにわたって続く海岸性原生植物の群落で昔からハマナスの群落地として知られる。園内には遊歩道がついており気軽に散策することができ小さなハス沼を中心にエゾスカシユリ、エゾカンゾウなど50種類ほどの草花が咲きます。ハス沼の際にオムサロ、ネイチャー、ビューハウスがあり原生花園の案内と地元でとれた特産品の直売や休憩コーナーがあり、2階はオホーツク海やオムサロ原生花園の展望室になっています。◆紋別市渚滑町川向 ネイチャーハウス TEL:0158-23-4231
| 1/2PAGES | next>>

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode