北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

難読な地名

大都市になるほどアイヌ語地名は消えてしまい難読地名に遭遇することはあまりないが、それでも一つの町には一つや二つの難読地名は探せば見つかると思う。北海道の地名では元のアイヌ語を大和言葉にして意訳した地名と、そのままカタカナで残されている地名、これらの地名では難読という事はあまりないが元のアイヌ語地名に当て字をして読ませる地名、これが難読地名を生んだ最大の要因となっている。中でも釧路町から浜中町にかけては難読地名のオンパレードと云う感じなのでこれを見逃すのは何となく惜しまれる。と云うことで地名板の写真などを添えて地名のご案内。此所で参考にしたのは釧路町の地名板に書かれている解説、永田方芳著 北海道蝦夷語地名解、更科源三著アイヌ語地名解,コタン生物記、山田秀三著 北海道の地名、地名アイヌ語小辞典などです。

又飯時 マタイトキ

地名板・マタイトキ地名板・マタイトキ はっきりした意味のわかっていない地名ですが、松浦武史郎がアイヌの人から聞いたときに、聞き違えがあったのではと言う人もいます。色々な説があり海の瀬の荒い所、湧き水があってそれを飲料水にしていた所、中には旅人か此所で昼飯を何時も食べるからという珍説まで、謎めいていて面白いですね。◇難読地名ランク☆前頭

地嵐別 チャラシベツ

地嵐別 チャラシベツ 地名板・チャラシベツ チャラセ・ペツ'sharse-pet'で水が岩の面をちらばって流れ落ちる川(滑滝と呼ばれるのもチャラセの中に含む)の意だが、小川が海に注ぐ所に岩盤がありその上を水が散らばり流れていたという所。普通はチャラセ・ナイで海岸段丘崖の有る所には多い地名だがチャラセ・ペツというのはあまり聞かない、残された地名としてはかなり珍しい。◇難読地名ランク☆前頭

宿徳内 シュクトクナイ

地名板・シュクトクナイ地名板・シュクトクナイ 地名解ではシュク・トゥッ・ウシ・ナイでこれから訛化したものというが、意味はエゾネギの群生する川となるが、川にネギが有るわけではないので此所は'エゾネギの群生する沢'とする方が自然でしょう。エゾネギは色々な呼び名がありキトピル、行者ニンニクなどとも云われるが、多少混乱がある様で正しくはエゾネギでアサツキと云えば判るだろうか。北海道ではわりとなじみの山菜で北海道名物のジンギスカンと合わせると良い、行者ニンニクが最高なんですが強烈な臭いにはさすがに・・・デモ食べたい方にはアサツキで代用・・◇難読地名ランク☆十両

嬰寄別 アッチョロベツ(城山)

地名板・アッチョロベツ地名板・アッチョロベツ 蝦夷語地名解ではアチョロ・ベツ楡皮ヲ漬ス川「アツ・イオロ・ベツ」の急言となっている。アツはオヒョオ・ニレ(単にニレという場合はアカダモの事を云う事が多くオヒョオ・ニレの場合は単にオヒョオと云う事が多い、幹の色がやや青みがかっている)で厚司と言う着物の原糸を取る樹皮で、昔はニレの木が多くあったようだが今はあまり楡の木を見ることはない。この地域を今は城山(シロヤマ)と呼んでいるが、松浦武四郎の「蝦夷日誌」で城跡や、烽火場などがあった事から城山といわれたのであろう。昆布森の集落を過ぎるとまた丘の上を走る事になる。道道はT字路となり左に進むと、城山と書かれた道標が現れる。分岐の木陰で目立たないが「嬰寄別」のフクロウの案内板がある。◇難読地名ランク☆関脇

昆布森 コンブモリ

地名板・コンブモリ 蝦夷語地名解では'コンブ・モイ 昆布湾 此湾内昆布多シ故ニ名ク昆布森村'とある。コンプは昆布の事でモイは湾、浦、入江、岬の陰になっているような波静かな地形の所を言う。江戸期から有る地名で、明治3年には奥羽、道南から移民が募集され、54戸、193人がこの地区に居住していたという。この地名は従来コンプモイをとって昆布の湾と解釈してきたが、地形を見ると湾より浦が適切と言うのが最近の考えのようだ。地名として古文書に早く現れるのはチョロベツで、コンブムイは比較的新しく、現在の昆布森市街はチョロベツを指していると考えられている。◇難読地名ランク☆十両

チョロベツ川

現在の昆布森市街付近の地名。蝦夷語地名解ではチロ・レウプ 鵜ノ棲止スル處とある。川名として残っている、チョロベツをマガモが降りる川としている説も有るが釧路地方ではマガモの事をペルトン・チカプ「ペツ・オル・ウン・チカプ」と云うという事なので?どちらにしても鳥にちなんだ名前には違いないようだが、山田秀三氏はアッチョロベツと同じ解釈で、アッ・オロ・ペッのアッをchiに置き換えて「チ・オロ・ペツとし(オヒョウ・ニレの皮を)我ら・水に漬ける・川」について言及している。。昔の人はマガモのことを青首と呼んでいたと言うが特徴を端的に表現していて面白いです。チョロベツ川は昆布森市街に河口を持つ小さな川です。厚岸の尾幌川に抜ける古代の通路が有った様です。

伏古 フシコ

地名板・フシコ地名板・フシコ 伏古籠(フシコモリ)元昆布森の岬の陰に有った集落の地名で旧昆布森役場の戸籍でフシコ昆布森となっているようだが地図では伏古とだけ書いてある。伏古は古い村、元の村と言う意味だが伏古籠の集落は昭和30年頃から海岸浸蝕によって浜は決壊し、住み家も不安となって昭和53年に昆布森市街に集落移転したので、ほんとうに元の村なのだが。伏古籠(フシコモリ)はフシコ・コンブ・モイの訛化したもので昔の昆布湾という意味か。伏古は道内各地に有り多い地名のひとつです。◇難読地名ランク☆十両

幌内 ポロナイ

地名板・ポロナイ地名板・ポロナイ この地名は北海道に良くある地名の一つですが、地域よって使われ方が違い多いわりには解釈が異なることが多い。道北では殆どが大きな川ですが、小さな川が多い所ではその中で一番大きな川や沢に付けられる事も有る。また鮭や鱒の登ると云う意味で大事なとか重要なと云う意味も有るとの事だが蝦夷語地名解では「小川にして魚類も又無し」と記している。此所では小さな川が多い所で、その中で単純に一番大きな川に付けられたのか。地形からするとあるいは奥深い沢かもしれない。◇難読地名ランク☆十両

来止臥 キトウシ

地名板・キトウシ地名板・キトウシ 北海道には多い地名だが「キトは行者ニンニク、ウシは群生する」と言う意味から付けられた地名。行者ニンニクは、アイヌネギとも呼ばれるユリ科の多年草で地下にらっきょうに似た球根を持ちます。北海道ではわりとなじみの山菜ですが、アイヌの人たちにとっても、食用としてまた薬用として貴重なもので、キトウシと言う地名の多さからも容易に想像出来ます。行者ニンニクの群生していたキトウシには、崖の上には水場と簡単なトイレだけというシンプルなキャンプ場があります。近くにトド岩、横には立岩、タコ岩も見える展望台があり、好天ならばその眺望は最高です。蝦夷語地名解に載っているイタシベ・シュマ、海馬岩、黒岩ありというのがこの岩の事なのか僕には解りませんが、先人達の暮らしに思いをはせキャンプ場から1日中太平洋を眺めて過ごすのも良いかも。霧がなければ最高◇難読地名ランク☆前頭
| 1/3PAGES | next>>

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
qrcode