北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

トラウトフライ

管理人のタイイングしたフライを少し紹介する。フライの名称はフライの世界でスタンダートとなっているフライと最も近いと思える名称で書いてあるが同じと云う事ではない。強いて云うならば何々フライもどきと云うところか。 写真撮影用に作成したフライではないのでかなりいい加減なのも有るがその辺はご勘弁を。長いこと釣りをしていると使うフライトパターンは何となく固まってくる傾向にある様な気がするが、それは管理人だけの事かも知れない。 管理人が最も使用頻度が高いフライト云えばエルクヘアー・カデイスとテレストリアル系のリーチなどが多い。他と変わっていると云えば沢登りの時に餌釣り用の竿でアント、ヘアズ・イヤー・ニンフ、ブラックハンピーを等を使用して釣りをしていた事かも。

アレキサンダー

アレキサンダーアトラクター的と云うことでは代表的なウエットフライ赤という色とピーコック・ソード素材そのもが放つ怪しい輝きが魚たちを刺激することは誰もが認めている事で、この組み合わせで釣れない方が不思議と云う感じだがどちらかというとビードルを意識しているのかも。

パラシュートアント

パラシュートアントハードシェルタイプとして蟻の1部が沈んだ状態を演出して食いを誘うと云うスタイル。ハードシェルタイプではなくコーチマンのテイル無しでも効果はそれ程変わらない。コーチマンの場合はビードルを含めて陸生昆虫のファンシー的な効果の方が大きいのかも知れない。写真のパラシュートアントは本体の大きさに比較してパラシュート部分が大きすぎる失敗作なのだが、それでも普通に釣れてしまうのがこのフライのすごいところ。

ブラックアント

ブラックアント実際に良く摂取されている餌なので山岳渓流では絶大な効果を発揮することも有るフライ。管理人が沢登りには必ず持参したフライのひとつで、ハードシェルタイプと両方有れば他にラインさえ有れば山岳では何とか釣りにはなる。黒から赤系色とサイズ揃えておけば良い。

アント・ハードシェル

アント・ハードシェル蟻は自然の状態では完全に浮いていると云う事はあまりないようで、1部が沈んだ状態で捕食されることが多い。そんなわけで当然沈めた状態での使用を考えて作られた蟻のイミテーションフライとなる。ハックルは少なめにして蟻の足が動いている状態を演出すると云うのがベストと思われる。餌釣り用の竿からテンカラ、フライシステムまでどんな釣り方でも効果を期待出来ると云う優れものである。

イエロー・ビー・パラシュート

イエロー・ビー・パラシュートハチを意識したテレストリアル・フライですが、確か花アブなども似たような印象がある。イワナなど上流域の釣り向きで実践的なフライということで紹介するが、写真のイエロー・ビー・パラシュートはウイングが弱点。源流帯で使うなら化繊シートとカーフテイルの組み合わせの様な形にして耐久性アップをしたフライが有利。

ビックストーンパラシュート

ビックストーンとりあえずビックストーンとしたが、鬼チョロの愛称でお馴染みの日本のストーンフライはその生態が詳しく解明されていないと云うが、実際にはこんな大きなストーンフライは存在しない。フライはむしろホッパーのパラシュートという感じで、みた目以上に浮力は有るがウイングが脆い。ウイングを化繊シートとかミンクやカーフテイルとすると良さそうだ。

カディス・ラーバ

カディス・ラーバカディスの幼生でメイフライでいうニンフにあたるが、ニンフと大きく違うのは巣を作る事で、その形はいろいろあるが代表的なスタイルは網状のネットの中で生活するのと、小石や枯葉などでケースを作って生活するスタイル。餌釣りの場合はこのケースにいるカディスで十分釣りになる。ケースで生活するカディスが何らかの理由でケースから出てしまった場合の遊泳能力は殆ど無い。ネットの中で生活するカディスは運動能力は高いが遊泳が出来る程ではない。フライではケースの中にいるカディスを摸してあるが、ケースも含めたフライも有る。

ビードヘッド・カディス・ピューパ

ビードヘッド・カディス・ピューパカディス ピューパと云う点では同じなのだがヘットにシンカーとなるビートを付けていること、沈むときは頭から、テンションをかけると頭から浮くと云う事で餌づりの竿でも使用可能。昔から有るアユの毛バリに似ている。外国では鉛の使用が禁止されている国も有り、ビードヘッド使用は一般化しているようだ。餌釣り用のシステムでも使用出来るので、管理人は沢登り時の持参フライとして愛用していた。

カディス ピューパ

カディス ピューパカディスのベーシックなフライで水中を泳いで水面に向かって浮上する時をイメージして作られた。フライ特徴は浮上時に空気の粒が光ることのようで、ピューパフライのファーには空気が含まれるのをイメージして作られているが、ウイングやアイ、触角は省略されていることが多い。有名な田代兄弟のピューパフライはピューパの生態リアルイミテーションで、餌づりの竿で本物の餌と同じように釣れそうな気がする。
| 1/7PAGES | next>>

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
qrcode