北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

驚異のサプリメント「カニ一番」の紹介

カニ一番08

現代人の食環境・・

カニ一番02

現代生活の中で食生活の変化は農薬の大量使用,遺伝子組み換え食品の出現,野菜そのものの栄養低下という今までとは次元の違う変化に加えて朝食抜き,偏食,外食など生活習慣などの側面と相まって,食事で必要な栄養をバランスよく摂取すること自体が難しくなっている。日本も2009年に遺伝子組換え作物の栽培国となった。日本の輸入穀類の半量は既に遺伝子組換え作物であるという推定もある。食品としての安全性等で消費者に不利な情報は隠されたまま,ただ良心的な研究で判明したこともある。遺伝子組換植物の毒性による食害から頭痛等の発症,動物実験では凶暴化と不妊という事実が確認されているという。こんな時代だからこそ本物と呼べる食品と本物の健康補助食品が求められているのだ。

健康補助食品とは

カニ一番01

エネルギーや身体を構成する元となる「たんぱく質」「脂質」「糖質」の「三大栄養素」に,三大栄養素の働きを助けたり身体の機能の維持や調整をする「ビタミン」と「ミネラル」を加えたものを「五大栄養素」と呼んでいます。ビタミンは代謝の調整に主に酵素として使われ,年齢に準じた必要摂取量は現在13種類が判っています。ミネラルは元素だけで構成され,ビタミンと同じ様に代謝の調整に使われます。生化学の研究によれば,人間が生ていくために必要な必須の微量栄養素は46種類あるという。それらの微量栄養素は一部を除けば体内での合成や貯蔵は出来ないので,食事から摂らなけれならず,一つでも欠けると代謝の異常がおこり,自然治癒力の低下を招き健康維持が難しくなること。健康な人は健康維持のために,病気の人は早期回復のため,体に必要な栄養素をバランスよく摂る事はとても重要。サプリメントは一般的には栄養補助食品,健康補助食品とも呼ばれ、生体に不足した栄養素を補充する目的で用いられ,不足しがちな「ビタミン」や「ミネラル」等の微量栄養素アミノ酸などの補給を補助する事食。更に食物繊維等をプラスして積極的に健康維持に役立てようとする補助食品と言う事になります。

健康補助食品の危険性

市販されているサプリメントは法律で規制された栄養補助食品なので,それ自体で危険という事はない。ただ法律はサプリメントの飲み合わせや利用者の生活パターンまで考慮しては作られていません。したがって目的とした効果は得られず有害な「副作用」だけという場合もあり得るので過信は禁物です。良くない例ではインスリンとビタミンC,ビタミンDとカルシウム,抗ガン剤とビタミンB2,利尿薬と亜鉛などの飲み合わせ。ただ生体に必要な栄養素なので摂取方法に工夫が必要です。過剰摂取の例ではビタミンA.D.Kなど脂溶性ビタミン類は過剰摂取での副作用がある。もう一つは何種類ものサプリメントを併用することで起きるビタミンやミネラルの過剰摂取など。これらは十分注意払えば回避する事できるのでしょう。また優秀なサプリメントでも,それが吸収されなければ始まらない。胃腸が健康でないとその真価を発揮出来ない事をお忘れなく。

健康食品もピンからキリまで

健康食品で10年以上使っているという商品は殆ど知らない。多分殆ど無いのではと思うのだが。ただサプリメントは上手に活用すれば普段の生活では摂りにくい栄養分を効率的に摂取するサポートをしてくれます。ただ「有効成分のみを抽出、低分子化で体内吸収を」などのうたい文句は信用しないこと。自然界に存在する状態でも消化吸収は難しいのに,自然のバランスが崩れ不自然な形に作り替えられたサプリメントは例え天然由来であっても,吸収しきれずそのまま排泄されてしまう事が多い。栄養学的には優秀でも食品としてみると不完全では論外と言うことになる。どれだけ自然のバランスを保ったまま製品化したかがその善し悪しを決めるといって良い。

最高の健康補助食品「カニ一番」

カニ一番03

総合健康食品のカニ一番が何故に驚異のサプリメントなのか? 理由は20年越しのファンがいる事。当然製品も20年を越えてなお健在。この世界ではこれだけでも驚異なのだ。しかもクチコミだけで生き延びてきたにはそれなりの効果が得られたいう証に他ならない。またビタミン類が幅広く配されているので過剰摂取の弊害がないという事も人気の秘密のようだ。

□ カニ一番の成分表

  • キチン・キトサン   200mg
  • D.H.A        90mg
  • βーカロチン      3mg
  • オクタコサール    1,000μg
  • αーリノレン酸     90mg
  • αートコフェロール  200mg
  • ビタミンA     2,000iu
  • ビタミンC       60mg
  • ビタミンB1      12mg
  • ビタミンB2      12mg

※日本食品分析センターの分析結果

最高の健康食品で元気一番・カニ一番

□ 成分の作用

キチン・キトサン

キチンとキトサンの総称をキチン質と言いカニやエビなどの甲殻類の殻や菌類の細胞壁の主成分となっている食物繊維(天然多糖類)。キチンとキトサンとの間に明確な境界線はないが,キチンは水にはほとんど溶けないのに対し,キトサンは水溶性。現代人にあまり摂取されなくなったが,コレステロール値を下げたり,血圧を下げたり,免疫力を高めたり,腸内をきれいにしたり,腸管からの脂肪吸収を抑制する特性から,ダイエット効果があるとも。

D.H.A

魚に多く含まれる高度不飽和脂肪酸、マグロなどに多いと言うDHAは最近注目の脳活性化栄養素。頭脳の老化防止と中性脂肪を下げる効果が判っている。肉中心の食生活の方には大切な栄養素。

βーカロチン

野菜に多く含まれるベータカロチンは,体内でビタミンAに変換する働きを持っています。副作用が少ない事もサプリメントで人気の理由ですが,これを全て現代の野菜から摂取するのは難しいでしょう。

オクタコサール

オクタコサノールは小麦から微量だけ摂れる栄養素で,ダイエットのストレスを和らげる働きが支持され,女性のダイエットカロリーコントロール用として人気が高い。ストレス時代には必要な栄養素かも。

αーリノレン酸

必須脂肪酸の一種で多価不飽和脂肪酸のαーリノレン酸からはEPADHAが造られます。ガンやアレルギーなど現代病の予防には必要な栄養素といえるでしょう。

αートコフェロール

αトコフェロールの生理活性をもつ限り,一般的にはビタミンEを指すとされ,D-αトコフェロールが最も強い生理活性を持ち,抗酸化物質として働くとされ,ビタミンA,C,システイン,メチオニンの酸化防止でサプリメントに添加される事が多い。

ビタミンA

美肌や目の健康に欠かせないビタミンAはうなぎやレバーなどの動物性の食べ物に多く含まれる脂溶性のビタミン。鳥目などは聞かなくなったが・・

ビタミンC

コラーゲンを生成するのに必要なビタミンCは美容に欠かせない。化粧水などにも誘導体として配合されている。また抵抗力アップにも重要な栄養素となっています。

ビタミンB1

ビタミンB群のビタミンB1 は、不足すると脚気という欠乏症を引き起こすのは有名だが、現代でも脚気を発症する方もいる。必要量の摂取を心がけましょう。

ビタミンB2

脂質をエネルギーとして使用するために分解してくれるビタミンB2 は、メタボ解消やダイエットには欠かせないビタミンといえます。

カニ一番はここで

カニ一番06

旭川近郊の方は上記販売所からカニ一番をお買い求め出来ます。注・旭川医療センターは元の国立道北病院です。

カニ一番の発売元

カニ一番03

販売元からもカニ一番をお求め頂けます。お求めの場合は「辻商会」までお問い合わせを。またご質問は「有限会社 辻商会」までお願いいたします。当サイトで販売はしていません。
北海道旭川市豊岡7条1丁目

北海道市町村職員共済組合指定店

指定店番号2009040

旭川市職員福利厚生会指定店

| 1/1PAGES |

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode