北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

コルポックルの伝説

石狩、上川、留萌、宗谷、道東、十勝、後志のエリアに残るコロポックルの伝説(砦や住居跡なども含む)を集めてみました。胆振と十勝に残されている伝説が多いとの事ですが、比較的知られている伝説を掲載しており総てではありません。コルポックルは蕗の下いる人(神)という意味で、言葉自体には「小人」という意味はない。最上徳内は「渡島筆記」の中で、小人は蕗の下からくる臆測であるとしている。胆振穂別系の老人に『私の十六代前はコロポックルだ』と言いう方がいたというし、この辺の伝説ではコロポックルが小人とはされていない。名寄の伝説では「千島に帰った一族でアイヌと称していた」となっている。2〜3mの蕗と言えば足寄町の名物だが、足寄以外でも山岳で渓流釣りをする方は今でも所々で見かけると思う。コロポックルの別名としてトイジンカムイ、トンチカムイ、トイチンカムイ、トイチセ、コッチャカムイなどチャシや竪穴住居跡と結びついて伝えられたり、地名として伝承されている事が殆どで、物語のあるのは少ないようです。コルポックルはどこから来て何処に行ったのか諸説ありますが、最近発売された瀬川拓郎氏の「コロポックルとはだれか」という新書に中世千島列島とアイヌ伝説でコロポックルの伝説を検証されていて面白い(旭川の方は旭川博物館でも発売中)です。結論としてコロポックルのモデルは北千島のアイヌ民族を想定されているが、それで思い当たるのは道内で最もコロポックル伝説の多い道東内で、有名なイクレスイ首長の名で知られた湧別アイヌの勢力圏(北見枝幸から北見市常呂までの間で、網走・美幌・津別はこれに含めない)だった地域にはコロポックル伝説(創作伝説は別)を見いだせなかった。十勝の伝承者が言う「北見にはコロボックルの伝説はない」というのは本当らしく、コロボックル伝説の空白域(断定は出来ないが)の様です。またある伝承者が湧別アイヌは千島系で他とはあまり仲が良くなかったという話を思いだしたが、千島系ということと関係が有るのかもしれない。

猿払コロポックル伝説

『コロポックルなる小人が、アイヌの来任する以前の昔、宗谷の沿岸地帯に穴を掘り、あるいは草室を造って住み、川や海の魚を漁り住んでいたという。そしてその漁法はアイヌたちの到底及ばない敏捷さであったというが、このコロポックル、アイヌに対して種々の風習を持っていた。姿を絶対に見せないこと、川や海で獲った魚を捧げるということなのである。姿を見せない小人たちは深夜にそっとアイヌ民家の窓下や入口に魚を置いて行ったという。ところが好奇心をいだいた一人のアイヌの若者が、小人の姿を見ようと連夜待ち伏せ、ついに小人を掃まえたのである。小人は1mそこそこで、顔に入れ墨をし、半裸の両腕はたくましかった。この異様な姿を見たアイヌの若者は描られた小人より以上に驚き腰を拭かしてしまった。しかし、このことがあってからアイヌの家には、小人からの魚は届けられなくなった。それどころか小人たちの消息は全くなくなった。小人たちはアイヌの仕打ちを恐れ、持ち物一切をチルライトに埋め、いずこへか逃げ去ったのである。アイヌがいれずみをするのは、この小人コロポックルから教わったものであるという。』猿払村史1978 ※猿払村で採話されたらしいが物語は宗谷岬付近の話で、直接猿払の事は話に出てこない。

名寄コロポックル伝説2

『昔、まだシャモがいなかった時は皆も幸福で、平和な日々が続いた。その頃、コルコツクンという小さな人が居て、時々いろいろな珍しい物を持ってきてくれたという。しかし誰もコルボツクンの姿を見た者はいなかった。夜明け前にきて、戸を少し開いて、その隙間から手を入れて、珍しい物を置いていくのである。コタンのエカシたちは、その姿を見ると罰が当たるといっていたのであるが、或る時、若者の一人が、どうしても一度は見てやろうと思い、夜中から戸の陰で待ち続けた。夜もそろそろ明けかかる頃、静かに跫音が聞こえたかとおもうと、戸が少し開いて、小さな可愛らしい手に、きれいな宝物を持ってきて差し延べてきた。若者は、その手首をぐつと握んで、むりむりにひきづりこんだ。ところがその小人は、裸で本当に可愛らしい人であった。小人は自分のことをコルポツクンと称した。そうして「姿を見られたから、これからは再びコタンにはこない」と云つて草の葉の陰へ逃げて云ってしまった。コルボツクンが来なくなったその頃から、シャモが来るようになって、コタンはだんだん滅びていった。コルボツクンはいつも裸で一家十人位が一本の蕗の葉の下で暮らしていたと云うことである。』茨戸ヒユテカンフチ伝 名寄の伝説 名寄郷土資料集第四集

宗谷のコロポックル2

『北海道にはコロボックルといって敏捷で漁狩猟の技術に優れた背丈の小さい人たちが住んでいた。そこへアイヌがやってきた。コロボックルはアイヌに鹿や魚を分けてやったが、姿を見せるのをいやがった。アイヌの男達は色白で美しいコロボックルの女をさらったのでコロボックルはある夜、遠いところへ去っていった。アイヌの女が口元に入墨をするようになったのは、コロボックルの女を真似たものである。』J.セーリス・日本渡航記 ※1610年代に採録された話の様です。北海道庁編・北海道の口碑伝説と内容的にはそれほど変わっていない。その頃にはこの話は広く伝わっていたのでしょうか・・・

十勝のコロポックル伝説と地名

『コロポウンクル大昔、十勝に住んでいたという。まことに小人で、昼も姿が見られなかった。椀に食物を入れて、家の隙間からそっと入れたが、姿が見えぬので不思議なものとした。アイヌが姥百合(フパイル)を取りに行くと山に姿が見えぬが、先に走りてフパイルをとって与えるなど、物をアイヌに恵むので不思議がられた。或時、例の物を恵んで或家に手を差し入れたのを、アイヌが無理に家に引き入れて裸にして見たら、女神(メノコカムイ)であった。この辱しめにひどく腹立て「アイヌ皆、長生きするな」と呪いながら、何処へともなく、コロポクウンクルカムイは皆立ち去ってしまった。とウチャシコマ(説話)にある。ツゥカプチと云うのは秋味の皮が火に焼けることで生物の命がなくなること。これまでシアンルルといったのを、それからはツゥカプチ(十勝)と言うことになったのは、コロポクウンクルの 呪言によったのである』中村要吉エカシ談 吉田巌採話 民俗学研究17巻

シアンルルのコロポックル伝説

『十勝川付近に移り住んだアイヌ族は至って平和で安楽な生活に恵まれていた。シアンルル(十勝川)には無数の鮭が上がった。また森林の薄いところには熊に襲われるのを避ける鹿群がいた。それで衣食は十分だったのである。而しこの平和な十勝川沿岸の生活に不思議に耐えられぬ事件が夜な夜な起こった。夕陽が西方の森林に没して寂漠とした。真夜中、アイヌ族の住居を訪れて東の窓から石の椀、または水の椀に入れた鮭の卵等が置かれるのであった。初めはアイヌ達も恐れをなしていたが、或一人が「猟の帰り影のような小人が大蕗の下に居るのを見つけた。本当の影のようで捕らえることは出来なかった」という話があってからは、確かに夜な夜な食べ物を与える者はこの小人に相違ないとの考えからその正体を見極めることに議が決した。そしてその正体を見極める役として二人の青年が選ばれたのである。青年達は東方の窓下に寄って夜の更けるのを待った。やがて十勝川の流れの音のみが響き渡る真夜中となった。青年達はじっと窓を見つめた・・・その時である、洞穴の暗がりの様に不気味にその窓から真白なしなやかな手が、石椀を持った手がするすると伸びてきた。青年の目は異様に輝いた。あつ・・・次の瞬間、響いた悲鳴それに続いて可愛い女、小人の女が引きずり込まれた。石椀に盛られた鮭の卵は散乱している。引きずり込まれた小人の女は恐ろしさのために打ち伏している。小人ではあるが福よかな肩の円味、波打つ黒髪、青年は食い入るようにそれを眺めていた。遂に青年は小人女の総てを見た。特に目立って彼らの心を引いたものは鼻下の入墨であった。小人女コロポツクル女の悲しみと怖の一夜、アイヌ青年の喜びの一夜はあけた。その朝コロボックル女は青年の手から離されるを得た。それから二三日は過ぎて或朝まだ朝霧霞む十勝川の流れを一つの丸木船が下っていた。船には六拾人(多いと言う形容詞で定数ではない)が乗り口々に「トカップ、トカップ(呪言=悉く死すよい鮭の皮の焼けただれた如く死すがよい)」と叫びながら。それより後十勝にはコロボックル人の姿は見えなかったが、然し「トカップ」の言葉は何時迄もアイヌ族の脳裏を離れなかった。それで十勝川(シアンルル)沿岸大体の土地を「トカップ」即ち十勝と命名したのである。』伝承者不詳・宮田貢・十勝の伝説より※この話は採録者よる多少の脚色があるかもです。ここでは要旨を変えないように配慮し一部割愛して掲載しています。

日高のコロポックル伝説

コロポウンクルは数十年間周囲の円形な穴にすんでいた。雨が降ると蕗を抜いて蕗の葉を傘として歩いた。アイヌに非常な貧乏者ができると誰も知らない中に魚のような食物をそっと置いていく。又病気になると必ず治療する薬を誰も知らない間に置いていった。然しながらアイヌ仲間は誰一人としてコロポウンクルの正体を見た者は無かった。ところが日高アイヌの一人が或る日、願い事をしてコロポウンクルの来るのを待ちかまえていた。その間に時間が来て前の戸がそっと開くと手の甲に鱗型の入墨をした手がひょっこり出た。力の強い日高アイヌが「それっ」といって、その手をぎっしり握って戸を開いて見ると、顔は女のようで鼻の下には髭のような入墨がしてあって大変神々しく見えた。「あっ」といって手を離した間に、此のコロポウンクルの姿がかき消すように見えなくなってしまった。此のコロポウンクルの神々しい姿にあやかるように、日高アイヌのメノコは全部言い合わせて入墨をするようになった。その時代は未だアイヌは入墨などはしなかったのである。日高アイヌに入墨をする事が流行すると、シリベシのアイヌもイブリのアイヌも早速まねをし始めた。それが全アイヌムモシリに広まって入れ墨をするようになったのである。だからメノコの口のまわりの入墨は、コロポウンクルのまねをしたのである。』近江正一・伝説の旭川及其附近 ※日本の入墨文化は縄文文化期に始まるというので、アイヌ民族が初めということではないらしい。それと日高のコロポックル伝説では小人は登場しない様です。

勢州船北海漂流記

『蝦夷人物語申候は小人島より蝦夷へ度々土を盗みに参り候、おどし候得ば其儘(まま)隠れ、船共に見不レ申候由、蝦夷より小人島迄航路百里も御座候由、右の土を盗みて鍋にいたし候由、尤せい(背)ちい(小)さくして小人島には鷲多く御座候て、其人通り候得ば鷲に取られ申候。又大風に吹ちらされ申候故、十人計り手取り合ひ往来仕候由、蝦夷人語り申候』万治3年2月に伊勢松坂の船が鳥羽を出帆して暴風のため千島に漂着し、翌寛文元年9月に江戸へ帰帆した漂流船員の記録より。

上ノ国町 小砂子地名の由来

『昔身の丈三尺程の男達が小さな船に乗って大挙して押し寄せたかと思うと、磯山の土を次々に取り始め、葦までも抜いて帰って行きました。驚いた村人達が船に乗って沖合いまで追いかけましたが、見失った。その後浮きに似た不思議な物体が浜に打ち上げられるようになり、海の向こうに小人の国があり、そこから流れてくるアバ(網の浮き・コルクのようなものでできていたという)は「ちいさごがアバ」と呼ばれ、炭にして火傷やただれ、熱病の薬にしたという。菅江真澄の「蝦夷喧辞弁」にもある話です。

蝦夷島奇観に見るコロポックル伝説

『夷人伝ヘ云。古、コツチャカモイといふ神ありて、体四尺はかり、手の長き神にて処々に住給ふ。此神、漁猟の術に通力を得給ひ、土舎(トイチセ)に住給ひけるか、夷等に魚獣の肉なとを其窓よりあたえ賜りける。この故に、其漁猟の術をまなはんと近寄れは、教えらかさすにして、夷人等きらひ給ふにや、此地を去らせ給ふ。此神の婦人、わきて美色なりしか、手に色々の文理(刺青)あり。それ故に彼神の徳を慕ひ、女夷等其状をうつし、今に至るまで分身すと古老の伝説なり。其神住給ひたる旧址処々にあり、其土中より陶器の砕けたる又は玉の類ひ、数々の宝物を掘り出すことありと、ノツカマップの酋長シヨンゴ語りき。かかる者の住しにや、いつれ其伝間のふるき拠あるへし。』国立国会図書館デジタル化資料・秦檍丸(氏家厚時写・万延1) より。※手に入れ墨の絵がある部分の説明文にある。アイヌ民族にとってノカマップは悲惨な舞台となった場所。

| 1/5PAGES | next>>

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode