北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

チョロベツ川

現在の昆布森市街付近の地名。蝦夷語地名解ではチロ・レウプ 鵜ノ棲止スル處とある。川名として残っている、チョロベツをマガモが降りる川としている説も有るが釧路地方ではマガモの事をペルトン・チカプ「ペツ・オル・ウン・チカプ」と云うという事なので?どちらにしても鳥にちなんだ名前には違いないようだが、山田秀三氏はアッチョロベツと同じ解釈で、アッ・オロ・ペッのアッをchiに置き換えて「チ・オロ・ペツとし(オヒョウ・ニレの皮を)我ら・水に漬ける・川」について言及している。。昔の人はマガモのことを青首と呼んでいたと言うが特徴を端的に表現していて面白いです。チョロベツ川は昆布森市街に河口を持つ小さな川です。厚岸の尾幌川に抜ける古代の通路が有った様です。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode