北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

松浦武四郎像と歌碑 天塩町

松浦武四郎像と歌碑

天塩町のアウトドアスポット鏡沼海浜公園の駐車場正面に、蝦夷地の全貌を明らかにし膨大な資料を後生に残した功績を称えて天塩町が建立した松浦武四郎像と歌碑があり、天塩の渚と利尻山を眺めるように立っている。松浦武四郎は1846(弘化3)年と1856年から1858年にかけ天塩には4度訪れ、1857(安政4)年の天塩川探査行の起点となった。歌碑には天塩日誌の題字と天塩にちなんだ和歌が二首『蝦夷人のみそぎなしたる天塩川今宵ぞ夏のとまりをばしる』『ながむれば渚ましろに成にけりてしほの浜の雪の夕暮れ』と刻まれている。正面からの写真はオロンライン-鏡沼公園の方で◇天塩町更岸 天塩川河口鏡沼海浜公園

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode