北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

松浦武四郎像と歌碑 小平町

松浦武四郎像と歌碑

道の駅『おびら鰊番屋』前のトワイライトアーチ右側に、幕末の探検家で北海道の名付け親出もある、松浦武四郎翁の銅像が設置され、鰊漁場の賑わいを極めた往時の鬼鹿の歴史を詩に残している。夕陽をイメージしたモニュメントには、小平町には4度た訪れている武四郎翁が鬼鹿で詠んだ短歌『名にも似ずすがたやさしき女郎花なまめき立てるおにしかの里』が刻まれています。道の駅内に有る花田家番屋は北海道遺産に指定され武史郎が訪れた当時のままに立っていて内部の見学も可能。◇小平町鬼鹿広富48 にしん文化歴史公園

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode