北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

幕末の探検家 松浦武四郎

幕末の探検家 松浦武四郎爺は1818年、伊勢国須川村(現在の三重県松坂)出身。三重県の三大偉人の一人(松尾芭蕉・本居宣長)とも言われているが、彼ら程には知られていない。日本の歴史の中で探検家と呼ばれる人はそれ程多くは無いが、中でも松浦武四郎ほど広範囲に歩き、数多くの貴重な記録を残した探検家はいない。幕末には間宮林蔵をはじめ多くの和人が蝦夷の見聞録を残しているが、彼らは通過者としてアイヌ人を眺め生活様式や風俗等を記録に残している。中華思想に侵された彼らが蝦夷地を眺めているだけならば問題は無かったが、統治するとなれば話は別で、行きつく先は他民族の教化と文化の抹殺、それは同時にアイヌ苦難の歴史でもあった。

松浦武四郎はアイヌを「皇国の臣民」として把握し、独自の民族という視点に欠けていたのが教化、介抱を正当化することになり、彼が抱え込んでいる自己矛盾のように見える。これがのちに日本は単一民族国家であるという過ちを助長したように思えてならない。視点を変えてみるとアイヌ独自の文化を認め、アイヌの生活基盤を侵さないという松前藩の対アイヌ政策の方が理にかなっているのだが、松前藩の財政再建で民間丸投げがアイヌの生活基盤をことごとく破壊してしまう結果を招いた。江戸幕府は松前藩のやり方を否定しアイヌ民族と文化を未開、野蛮と決めつけ教化、介抱が必要としたことが最大の問題なのだと思う。その政策を引き継いだ大日本帝国によってアイヌ民族と文化は完全に否定されたのであって、松浦武四郎の意図とは関係なく、大きな歴史の流れの中で見るならアイヌ民族の衰退を加速しただけではないのかという疑念を払拭できないのだ。ただ松浦武四郎は蝦夷の利権を牛耳る商人達によってもたらされたアイヌの惨状を直視し、このままではアイヌ民族は遠からず滅んでしまうと心を痛め。和人として唯一アイヌの目線から豪商たちの不正を告発し、時の政権に改善策を進言し救済を求め続けた人である。幕府役人としての限界が見え隠れはするが、その行動と精一杯の誠意、類い希な人間性は同じ和人として誇りでもあり、現代を生きる我々も見習うべき事が多い。松浦武四郎は探検家でルポライター、心優しき自由な旅人でアウトドアの超人、そしてアイヌ民族の友で有った。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
qrcode