北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

松浦武四郎の記念碑を巡る

幕末の探検家で膨大な旅日誌を残し、北海道では出身地の三重県よりも有名人かもしれない。道内各地には松浦武四郎の業績を称えた各種の記念碑が有るが、ここでは道北と道東に存在する碑をメインに紹介している。松浦武四郎の碑には【1】蝦夷地調査時の通過もしくは宿泊地点を示す碑や標柱のみで説明はなし。【2】説明は有るが北海道の開拓に貢献したという側面だけ評価しているタイプの碑や像。【3】説明で先住民族であるアイヌの苦難の歴史にも配慮した碑や像、説明板等3タイプに分けることが出来る。早くに建立されたのは【1と2】のタイプが多い。【3】のタイプは先住民族の権利に関する世論の高揚や、松浦武四郎の丁巳日誌(丁巳東西蝦夷山川取調日誌)、戊午日誌(戊午丁巳東西蝦夷山川取調日誌)が昭和年代後半になって一般の目に触れるようになった事が大きいのかも、また武四郎によるとアイヌに対する非道な扱いを告発していたオホーツク海岸と根室半島には碑が極めて少ないというのも気になるが、オホーツクに関しては一般向けの日誌が未刊(既刊の西蝦夷日誌続編でオホーツク部分は武四郎蝦夷地紀行として昭和63年に初めて発行公開された)であっ事と関係あるかもしれない。そんなところにも注目しながら武四郎の碑を巡ると北海道の別な歴史が見えてくるかも。歌碑の殆どは石狩日誌、天塩日誌、十勝日誌、夕張日誌、納沙布日誌、知床日誌からであり、早くに建立されたタイプの碑などの説明も是によっている。と云うことで出来るだけ丁巳日誌や戊午日誌から引用して補足した。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode