北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

野付半島の原生花園

野付半島の原生花園

原生花園は其の殆どが別海町側に有り、よく知られているのはネイチャーセンターとトドワラを繋ぐ遊歩道で花馬車の道が平行して続いている遊歩道。誰でも容易に行けるのはフラワー国道の行き止まり付近に広がる竜神崎原生花園。野付岬灯台の少し手前に広い駐車場があり、その先は車両通行止めで歩く事に、駐車場周辺が原生花園となっているのでお手軽ではあるが、灯台までというのがお勧め。。花のハイシーズンは6月末から8月初旬頃でが無難のは7月中旬。ハマナス、センダイハギ、エゾカンゾウ、ノハナショウブなど色鮮やかな花々が咲き一面を埋め尽くす。駐車場周辺からロングコースは二コース有るが、楽なのは途中までマウンテンバイクが使用できるアラハマワンドに向かうコース。このコースは通行屋遺跡に向かう道が途中に有ります。もう一つのルートは通称野付半島の「一本松」と呼ばれた所に向かうコースでこちらは不明瞭なコースを片道5km程歩く事になるが肝心の一本松(実際は楢の木)が台風で倒れて目印がなくなった。漁師さんには「あそこは一本松という地名」と一蹴されたが・・そういう事なら「一本松原生花園」としておく事にしよう。どちらも草が深くなってからは大変かも。虫除け必須です。写真は六月中旬に駐車場周辺でのクロユリ

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode