北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

天塩川歴史紀行説明板 テシオ

武四郎・天塩町

北海道開発局設置が設置した七カ所の一つで、天塩川歴史紀行説明板で天塩川最下流の天塩川河口、カヌーポートにある。カラー印刷で松浦武四郎の写真も掲載したスチール製の説明板で耐食性もかなり良さそうです。天塩日誌を訪ねてのサブタイトル通り、安政4年に流域を知り尽くしたアエリテンカ、トセツ、エコレ、トキコサンの案内でこの天塩川を踏査した経過の概要を記したある。説明内容は一般的に知られている「天塩日誌」を元にしたもので判りやすい。何よりも大勢の人に眼に触れるところにあるのが嬉しい。以後は此のタイプの説明板は天塩川歴史紀行説明板で統一します。天塩川歴史紀行説明板では「天塩日誌」を元にし宿泊地と宿泊日を統一して有り、実際の宿泊日や宿泊地とは異なっている事が多いので多少混乱するかも。記事では実際の宿営日と宿営地で統一しました。詳しくは丁巳日誌でご確認を。◇天塩町 天塩川河川公園 N44°53’07,6” E141°44’29.7”

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
qrcode