北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

芽室町 日の神と鳥と鼠

『それは遠い昔のこと・お日様が始めてアイヌの世を照らそうとしたとき、悪魔がこれを憎んでお日様を飲み込もうとした。すると、いち早くこれに気づいた創造神のコタンコロカムイ(国造り神)は鳥四千羽と鼠四千匹を造って悪魔の口に放り込んだので、悪魔は半分飲みかけたお日様を吐き出した。ついで悪魔は、今度はお月様を飲み込もうとした。するとまた鳥四千羽と鼠四千匹が悪魔の口に飛び込んで、お月様を救い出した。それで鳥と鼠は、お日さまとお月さまの命の恩人なので、鳥や鼠が勝手に振る舞い、人間の食べ物を横取りしても、神様はその手柄に免じて大目に見られるのだ』芽室町・伝承者不詳・稲田浩二編・アイヌの昔話より。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode