北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

武佐駅逓所 (北村家住宅)

旧武佐駅逓所

大正5年10月に現上武佐地区に官設駅逓所として開駅、昭和2年に武佐中央地区に移築。駅逓所の移築に合わせて、駅逓所建造物の右側に木造2階建ての泊施設宿が併設される。昭和6年に武佐官設駅逓所が廃止となり、伊藤正信氏に無償付与され以降は民営駅逓所として運営され、昭和11年に土田有一氏に所有となる。国鉄標津線の開通により上武佐地区にふたたび移築、駅逓所は廃止。昭和12年から移築した駅逓所を活用し「土田旅館」営業開始、昭和60年廃業。平成13年に所有者が代わり大正11年建築の駅逓所部分は解体され、昭和2年に併設された宿泊施設部分が一般住宅として活用されている。中標津町で最古の建造物で国の「登録有形文化財」です。◇所在地:標津郡中標津町字武佐957-6 ※個人住宅・非公開

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode