北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

トコンマ沢・紅すずらん伝説の概略

『厚真の北部(現・厚真町富里地区)に、平和なトンニカコタンがありました。このコタンも敵の侵略に悩まされて、平和な夢もかき消される日がやって来ました。日高ピラトリコタンに攻められ、トンニカコタンのオタクミエカシはトンニカコタンを守るため、部下を率いてこれを防戦し奮闘したが、ついに流矢(タシロとも)に当たってしまいました。死の間際に一人の娘トコンマを呼び、血に染まったタシロを渡しあだ討ちを頼んで息を引き取りました。トコンマは父の仇を誓い残兵を引き連れて再度戦いを挑みますが捕われてしまう。トコンマは敵から開放されるが、あだ討ちの誓いを果たせなく無念に思い、胸元にタシロを突き刺して自害する。この胸からはなぜか不思議に滾々と真っ赤な血が流れ続けて、やがてその血が沢を築いて、その沢に紅色のスズランが咲く。』
※鈴蘭に関する伝承として更級源藏氏が長い間採集して歩いた伝承の中でたった1つだけだったという「絵鞆と黒岩の争い=アイヌ伝説集」をのこしている。伝説の内容に関して日本人的な創意が感じられるが、話してくれた古老は決して嘘を言うような人ではないので伝承して残しておくとコタン生物記気能劼戮討い襪「絵鞆と黒岩の争い」は鈴蘭で紅鈴蘭ではない。トンニカコタン(厚真町富里)の紅鈴蘭に関する伝説は古文書 蝦夷記からとの事らしいが、この伝承の「自害」という結末も日本人的な創意が感じられるという意味では同じ、和人好みで違和感がありどこまで本当か微妙。どちらもコタン同士の争いが元で起きる悲劇という部分は共通している。恵庭の「紅すずらん」はトンニカコタンの伝承が元になっているようです。幕末の探検家松浦武四郎がトンニカコタンに二泊し当地の神様のカモメ伝説を残しているが紅鈴蘭に関する記録はない。函館市銭亀沢などの紅すずらんの伝説は青木純二著「アイヌ伝説とその情話」にある創作伝説「血に咲く鈴蘭」がもとになっておりアイヌ伝説とは異なるもの。「血に咲く鈴蘭」を元にして色々なパターンができているようですが悲恋伝説という部分が共通する。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode