北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

松浦武四郎記念碑(新日高町)

新日高町武四郎碑

道内にある武四郎碑では一番新しい碑です。碑文から一部抜粋「北海道の名付け親、松浦武四郎が新ひだか町を訪れてから150年以上経過したが我々の祖先と松浦武四郎の絆は今なお燦然と輝いている。我々は、新ひだか町のアイヌ民族と松浦武四郎の民族を越えた交流と、ともになしえた業績を讃え、ここアイヌ民族の聖なる地、真歌の丘に記念碑を建立する。北海道アイヌ協会 新ひだか支部長 大川 勝」松浦武四郎は六度に渡って蝦夷地を踏査、そのうち三度、新ひだか町を訪れている。真歌公園内は国指定史跡「シベチャリチャシ跡群」を含む一帯でアイヌ民族にとっては聖なる地であり、英傑シャクシャイン像、神器カムイパスイを形取ったというユカルの塔、シペチャリチャシ跡の看板奥に柵で囲われたチャシがみえ、中に入るとシャクシャイン城址の碑がある。展望台もあり見晴らしはよい。◇新ひだか町静内真歌441 真歌公園内

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode