北海道は道北と道東の観光スポットやアウトドア、渓流と滝を紹介

天塩川歴史紀行説明板 サッテクベツ

天塩川歴史紀行説明板

武四郎一行がサッテクベツに着いた時は皆出かけており殆どの家は留守で空家ばかりと、ルヒサンケ家に宿泊(6月20日)し空家で酒を仕込んで天塩川上流の踏査、帰路も(6月22日)宿泊している。帰路では大勢が集まり、仕込んでおいた酒で盛大に酒宴を張ったと云う。ここに村長ニシバコロの村と書かれた標柱もあるが、当時ニシバコロは苫前にいて不在、家族は風連に移り住んでいた。また屯田兵の入植前は士別の天塩川筋にアイヌ家屋は10件、当地には明治29年まで居住していたという。士別市街から九十九橋を渡り、1つ目の信号を右折、約600m直進してワッカウエンベツ川にかかる境橋を越え直後を右折。約100m先の天塩川堤防下の水門近くに宿営地を示す説明板がある。◇村長ニシパコロの住居跡標柱・説明板・天塩川歴史紀行説明板 士別市中士別

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

 カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>

 selected entries

 categories

 archives

 recent comment

 links

 profile

 search this site

 others

 powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
楽天・フィッシング市場
楽天・アウトドア市場
楽天・季節特選
qrcode